TOP > コーヒーブレイク

コーヒーブレイク

幸せを呼ぶ一日一笑

○ その木に相応(ふさわ)しい鳥は?

 松の木には鶴。竹には雀(すずめ)。梅の木には鶯(うぐいす)。
 ほうきという木にはちり〝とり〟、ウイスキーという木にはサン〝トリー〟、根気という木にはビク〝トリー〟が相応(ふさわ)しい。
 それでは、お葬式という〝キ〟には? これもまた鶯(うぐいす)が相応しい!
啼(な)き(亡き)鳴き(泣き)梅(埋め)に来る……


○ 溺(おぼ)れ死んだアヒル

 アヒルというのは、尾っぽの近くに油が出る腺(油腺<ゆせん>)というのがあります。その油腺にくちばしをつけて油をとり、それをせっせと羽に塗(ぬ)る。で、その油分が水をはじくのでアヒルは浮くことができるのです。
 ところが、そのアヒルは、自分の羽に油を塗ることをしなかった。そのために、羽に水が浸透してしまい溺(おぼ)れてしまったというわけです。どうして、このアヒルは羽に油を塗ることをしなかったのでしょうか?
「そのアヒル、首が硬(かた)かったから!」
 そうではありません、このアヒルは、自分を大事にしなかったために死んだのです。
 そうです、このアヒル、油を塗らずに〝油を売っていた〟のです。
「いちいち、油を塗るのは面倒だ。なぁに、そんなことをしないでもちゃんとアヒルは浮かぶことができる」――その過信に溺れたのです!

 
今日は何の日?
イメージ画像
聖使命菩薩会
神癒祝福祈願
先祖供養
個人指導
谷口雅春先生の足跡
イメージ画像
本部支部勉強会一覧
【本部】
〒103-0004
東京都中央区
東日本橋2丁目27番9号
初音森ビル10F
TEL03-5829-6410
FAX03-5829-6411