〒103-0004東京都中央区東日本橋2丁目27番9号初音森ビル10F

>サイトマップ

03-5829-6410

  1. 谷口雅春先生を学ぶ会
  2. コーヒーブレイク

コーヒーブレイク

幸せを呼ぶ一日一笑

息には様々な色が……
コラム
 息とは〝自分の心〟と書きます。そのときの心次第で、息にも色があるとか。エルマ・ゲイツ博士によれば、健全な人は無色。悲しんだり苦しんでいるときは灰色。後悔しているときは淡紅色(たんこうしょく)。怒っているときは栗色。その栗色の息をネズミに注射したところ、わずか数分で死んだそうです。うーん、〝毒気〟に当てられたか?!
 で、他にもないか考えてみました。
 恋しているときの息は♪〝桃色(吐息)〟。窮地に陥(おちい)ったときは〝青(息吐息)〟。希望に胸膨(ふく)らませているときは〝バラ色(人生)〟。サヨクマスコミが騒いでいるときは、勿論〝アカ〟。無実の罪が証(あか)し立(だ)てられたときの被告の息は〝潔白〟。リストラされたときは〝無色(職)〟。試合に負けそうで落胆しているときは〝敗色(濃厚)〟。逆に勝ちそうなときは〝喜色(満面)〟。チアリーダーが応援しているときは〝黄色(い声援)〟。では、神想観のときは……空即是(くうそくぜ)〝色(しき)〟。
○ 生き物は〝息物〟
コラム
『ゾウの時間ネズミの時間』という本によると、ゾウもネズミも一生の間に呼吸する回数は、約5億回と同じ。しかし、ゾウの100年近い寿命に対して、ネズミは数年。ということは、ゾウの呼吸はゆっくり、一方ネズミの呼吸は早い。つまり、ゆっくりとした呼吸は、文字通り、それが〝長息(ながいき)〟となる……。
「長イキを したくなったら 神想観」

谷口雅春先生を学ぶ会

〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目
27番9号 初音森ビル10F

03-5829-6410

FAX 03-5829-6411

谷口雅春先生の真理の言葉

光明思想社