特別メッセージなど -2015-

神聖な礼拝対象である谷口雅春先生ご揮毫「實相」(本尊)と万教帰一の御教えの象徴「光輪卍十字架図」を断固守りましょう!

-現教団の違法不当な商標登録による實相礼拝の禁止と聖旗の冒涜に抗議します!-

平成27年11月13日
                                                                              谷口雅春先生を学ぶ会

  

合掌、ありがとうございます。
『生命の實相』等の著作権で最高裁で敗れた宗教法人「生長の家」(代表役員 磯部和男氏)(以下「現教団」と略称します)が、今度は、宗教界始まって以来の暴挙に打って出ました。
   何と、現教団は、神聖な礼拝対象である谷口雅春先生ご揮毫の「實相額」と万教帰一の御教えの象徴「光輪卍十字架」(「聖旗」)を、販売商品や経済的サービス(役務)に添付表示する「商標」として特許庁に登録したのです。(以下の特許庁の「商標公報」のPDFファイルをご参照ください。「實相額」は「娯楽施設の提供」等の「商標」として登録されました。「聖旗」は「香水」等の「商標」として出願されました。)

   そして、現教団は、「谷口雅春先生を学ぶ会」に対して、今後、「實相額」と「聖旗」を掲げての宗教行事は、商標法違反であるから許さない、法的措置をとると通告してきました。(下記の教団からの内容証明郵便をご参照ください。)

   普通、常識からして、敬虔な宗教者が、神聖な礼拝対象を、娯楽施設や販売商品等に表示する「商標」として登録するでしょうか?!

   結局、現教団にとっては、「實相額」も「聖旗」も商標、つまり経済活動を行うための商売道具、飯の種ということなのでしょう…。

 それぐらいの認識であるというのが、これでハッキリとしました。

 しかも、それをもって、真摯に谷口雅春先生の御教えを学ぼうとする〝宗教活動〟を、商標法違反だとして国家権力を利用して弾圧しようというのですから、あきれ果てた所業といわざるを得ません。

   自分たちは、「實相」を隠し(立教式典で「實相額」を殊更に隠し使用をせず)、「聖旗」だってナチスを連想させるからと理由にならない言い掛かりを付けて〝鳩マーク〟に換えておきながら、よくもまあこういうことが平然とできるもんだと、その厚顔無恥にはほとほと呆れ返るばかりです。

 立教以来、谷口雅春先生より、直々に「實相額」を拝受した信徒の方々は極めて多く、その方々は、現教団に所属しているか否かとは関係なく、それぞれ「實相額」を掲げて、「早朝神想観の集い」や「先祖供養祭」、「『生命の實相』の輪読会」などを開催しておられます。それを「谷口雅春先生を学ぶ会」だけを狙い撃ちにして、商標法違反だと通告したというのですから、よほど「谷口雅春先生を学ぶ会」の存在が目の上のたんこぶになってきているのでしょう。

   当然、「谷口雅春先生を学ぶ会」としては、当会の会員のみならず、谷口雅春先生の御教えを信奉するすべての信徒の方々の信教の自由(宗教儀式執行の自由)を守り抜くために、堂々と対峙してまいります。

   谷口雅春先生より、『生命の實相』、聖経『甘露の法雨』等の著作権を託され、御教えを正しく後世に伝える聖なる使命を担われています公益財団法人生長の家社会事業団と力を合わせて、現教団の不当なる「宗教弾圧」に断乎として抗議の声をあげてまいります。

 これから知的財産高等裁判所において、現教団を被告とする商標登録無効の行政訴訟が開始されることとなりました。
 心ある信徒の皆さん、これもまた著作権裁判同様、教団を正すための避けてはならないたたかいだと思っております。

 ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
                                                       再拝

                                記

A 「實相」本尊の商標登録 (PDFファイル)

B 「光輪卍十字架図」の商標出願 (PDFファイル)

1 現教団からの第1回通告の内容証明郵便 (PDFファイル)

2 谷口雅春先生を学ぶ会からの厳重抗議・反論書の内容証明郵便 (PDFファイル)

3 現教団からの第2回通告の内容証明郵便 (PDFファイル)

4 谷口雅春先生を学ぶ会からの再反論書の内容証明郵便 (PDFファイル)

                                                                                                                              以上

 
今日は何の日?
イメージ画像
聖使命菩薩会
神癒祝福祈願
先祖供養
個人指導
谷口雅春先生の足跡
イメージ画像
本部支部勉強会一覧
【本部】
〒103-0004
東京都中央区
東日本橋2丁目27番9号
初音森ビル10F
TEL03-5829-6410
FAX03-5829-6411