TOP > 谷口雅春先生の教え

谷口雅春先生の教え

<真理解説>

み教えキーワード①「生長の家大神」

 

生長の家大神は住吉大神です。この住吉大神は、またの名を塩椎神、塩筒之男神と申し上げる神様であります。『古事記』にあらわれた住吉大神は、同書においては塩椎神と現われておられ、水と塩とをもって浄める海の神様として現われられた上筒之男神、中筒之男神、底筒之男神という三柱の神様でありまして、総じて塩筒之男神とも申し上げます。

 

まず、住吉大神は伊邪那岐大神の宇宙浄化の御禊祓の、最後の浄化作用としてウミの神としてお生まれになり、伊邪那岐大神の左の眼より天照大御神がお生まれになる下準備として浄化の働きをなされて、天照大御神の御降臨を導いたのであります。

 

また、住吉大神は導きの神であり、『古事記』によりますと、日本皇室の御先祖の日子穂手見命が、兄君の釣針を借りて海に出てその釣針を失ったとき、龍宮界へご案内して釣針を得られた道案内の神、塩椎神であらせられます。

 

さらに、塩椎神は邇々芸能命が天降りますときに、事勝国勝神として現われられてご案内し、「此処に国あり」とお導きして、すべての事に打ち勝ち、国が打ち勝つところの働きをなさいました。また後に、神武天皇が日向の高千穂におられて、「何処に都を作れば八紘一宇の世界を建設するのに都合がよいか」と考えておられた時に、「東の方に美し国あり、そこへ行って都を造ったならば、必ず世界を統一することができます」と申し上げて、道案内をなされた東道神が塩椎神です。

 

さらにまた後には、仲哀天皇が崩御なされた後に、住吉大神は神功皇后に神懸りになって、三韓征伐の道案内をしておられます。住吉大神は、塩筒之男神とも現われられる海の神様でありますから、神功皇后の率いられる軍艦を新羅に導かれて、潮満珠の力によって海水を満潮以上に高めて津波のようになし、新羅の都を水浸しにしました。そして、神功皇后の海軍が新羅の都に横づけになった時に、新羅王は、「吾れ聞く、東に神国有り、日本と謂う。亦聖王あり天皇と謂う。必ず其の国の神兵ならん」と言って、降参したと『日本書紀』には記されてあります。このように、住吉大神は宇宙浄化の神であられ、国の重大事にあたって現われられて、その導きをなし給う神様でありまして、谷口雅春先生は「住吉大神は宇宙本源の神があらわれて宇宙を浄化し住み吉き世界にせられるお働きのときの名称であります」(『神の真義とその理解』)と述べておられます。

 

この住吉大神をお祀りしているのが、兵庫県神戸市の本住吉神社であり、谷口雅春先生が住吉村に住んでおられて、毎日、本住吉神社にお参りなさっている頃に、大神から啓示を得られて生長の家の教えが誕生したのでありますから、生長の家の本尊神である生長の家大神は、住吉大神のことであらせられるのです。

 

谷口雅春先生は、日本国家の混乱、人類意識の迷妄を、住吉大神のご神威によって速やかに浄化し消尽することを願われて、昭和五十三年に、九州長崎の地に龍宮住吉本宮を御造営なされました。

 

住吉大神を顕斎する住吉本宮造営の意義については、谷口雅春先生は『生長の家』誌昭和五十年九月号に於いて、次のように説いておられます。「龍宮から住之江大神の御神威の出現を願って、この世界を浄化して頂いて、天照大御神の御光を六合に照り徹らして頂く道を開いて頂き、日本国家を千万年安泰にする霊的礎を築くために建立する住吉本宮であって、吾々個人が御利益を貰うために拝むとかいう、そんなお宮ではないのです。端的にいえば、鎮護国家を目的とするお宮であって住吉大神の御出御をお願いするための社である。それが〝龍宮住吉本宮”である」

 
(「谷口雅春先生を学ぶ」平成23年1月号)
<真理解説>
今日は何の日?
イメージ画像
聖使命菩薩会
神癒祝福祈願
先祖供養
個人指導
谷口雅春先生の足跡
イメージ画像
本部支部勉強会一覧
【本部】
〒103-0004
東京都中央区
東日本橋2丁目27番9号
初音森ビル10F
TEL03-5829-6410
FAX03-5829-6411