TOP > 谷口雅春先生の教え > 唯神実相

谷口雅春先生の教え

<真理解説>

み教えキーワード③「唯神実相」

 
我々の住んでいるこの環境が、どういう世界であるかと考える、いわゆる世界観には大きく分けて二つがあります。唯物的世界観と唯心的世界観がそれであります。
唯物的世界観は、この世界が物質と物質との偶然的な集合によって成り立っているとみる世界観であります。唯心的世界観は、この世界の運行に何らかの有目的的な意志を認め、世界がその心によって統括されているとみる世界観であります。
唯物的世界観では、この世界には物質以外のものは存在しな い。生命というものも、偶然によって誕生したと考えるのでありますから、人間の運命も偶然によって支配され、意味もなく滅んでいくと考えるのであります。 従って、唯物的世界観からは、生命の尊厳や人生の意義などということは、見いだすことができません。
一方、唯心的世界観はこの世界の存在に、ある意志を認めるのでありますが、その意志が一つであるか、複数であるかによって、一元的唯心論、二元的唯心論、多元的唯心論に分かれるのであります。
一元的唯心論は、この世界にただ一つの意志を認めるのであります。しかし、一つの意志とはいっても、その意志には善悪の別はなく、ただ盲目的に世界を支配しているという、哲学者のショーペンハウエルが説いたような世界観は、盲目的一元唯心論であります。
また、善と悪の二つの心が対立しつつ、この世界を導いていると考えるのが二元的唯心論。さらに、この世界を支配する複数の意志、あるいは心を認めるのが多元的唯心論であります。
この世には、神と悪魔が存在して争っているとみるような世界観が二元的唯論、この世には複数の神々がいて、それぞれにバラバラに世界を統括しているというような世界観は、多元的唯心論に入るわけであります。
これに対して、生長の家で説いている世界観は、実在する世界 は善一元である、本当に存在するのは善なる神のみであるとする世界観でありますから、一元的唯心論になるわけでありますが、その一元の心的存在は善なる神 であり、全ての存在は神の創造された善一元の世界であるとするのでありますから、唯神的な善一元的世界観であります。
ところが、実際に我々の住む世界は、善も悪も現われている世 界である。この世は決して善ばかりではない、現実には悪も存在している。病気という悪もあれば、不幸という悪もある、いろいろの争いもあるように現われて いる。しかし、それは単に現われているだけであって、本当に実在するものではない。本当にあるものは、神の創造された実相の善一元の世界であります。
この現われの世界は現象世界といって、その現われは本当にあるのではないのであります。現われの世界は、我々の心が現わしているのであって、本来無い。
病気は本来無い、不幸も本来無い、争いも本来無いのです。現象の肉体も無い 物質も無い。この我々の心が現わしている現象世界を否定しきったときに、本当にあるところの実相世界が現われる。その本当の実在の世界は、神一元の世界で ありまして、完全円満なる実相世界であります。
ですから、生長の家の世界観を特に「唯神実相」の世界観であるというのであります。この「唯神実相」が、生長の家の根本真理である。そして、この「唯神実相」は単なる空理空論の世界観ではないのであって、万物の実相を心の眼で観たときに、実相の姿が現われるのであります。
その実際例は、多くの体験談に見ることができるのでありまして、意地悪な姑の実相 を観て拝んだら、優しい本来の姿が現われたとか、夫や妻の実相を礼拝したら不完全な夫や妻が完全円満なる姿に変わったとか、子供の実相を拝んだら、劣等児 が優等生になったという多くの体験があるのであります。
 
(「谷口雅春先生を学ぶ」平成23年3月号)
今日は何の日?
イメージ画像
聖使命菩薩会
神癒祝福祈願
先祖供養
個人指導
谷口雅春先生の足跡
イメージ画像
本部支部勉強会一覧
【本部】
〒103-0004
東京都中央区
東日本橋2丁目27番9号
初音森ビル10F
TEL03-5829-6410
FAX03-5829-6411