今日は何の日
今月の祈りの言葉
今月のコラム
2015/03/30
今日は何の日
3月30日 谷口雅春先生は、世界御巡錫中、ハワイでの歓送会で600名を前に御挨拶され、生長の家の教えはこの世界平和の鍵を握っていると、お説きになる。 (昭和38年,御歳71歳)
2015/03/29
今日は何の日
3月29日 産婦人科医、徳久克己氏は、個人雑誌『精神科学』を創刊する。 (昭和22年,尊師御歳55歳)
2015/03/28
今日は何の日
3月28日 谷口雅春先生は、「日本宗教政治連盟」を結成、憲法改正を争点とする参院選に対処される。 (昭和31年,御歳64歳)
2015/03/27
今日は何の日
3月27日 谷口雅春先生は、第1回全日本生長の家青年会全国大会を御指導される。 (昭和23年,御歳56歳)
2015/03/26
今日は何の日
3月26日 谷口雅春先生は、原宿に見真道場敷地を購入し、登記を完了される。(昭和29年落慶の本部会館所在地) (昭和10年,御歳43歳)
2015/03/25
今日は何の日
3月25日 谷口雅春先生は、『奇蹟を生ずる実相哲学-生長の家入門講義下』のはしがきを御執筆され、長崎の原爆から被害を免れた高瀬清教授、天辰静雄さんの奇蹟的体験を詳述される。 (昭和56年,御歳89歳)
2015/03/24
今日は何の日
3月24日 アメリカより、スター・デーリー師が来日する。約4ヵ月滞在し、全国80数ヵ所で講演。 (昭和29年,尊師御歳62歳)
2015/03/23
今日は何の日
3月23日 谷口雅春先生は、日刊「やまと新聞」に「隠れたる日本再建の功労者-宮川和子さんの訃報に接してその功績を書残して置きたい」を寄稿される。 (昭和45年,御歳78歳)
2015/03/22
今日は何の日
3月22日 谷口雅春先生は、来日したホルナディ博士と共に「日米合同世界平和大講演会」を開催される。 (昭和44年,御歳77歳)
2015/03/21
今日は何の日
3月21日 谷口雅春先生は、東京九段軍人会館において「人類無罪宣言」と題して御講演される。(『生命の實相』頭注版第25巻教育実践篇186頁~) (昭和10年,御歳43歳)
2015/03/20
今日は何の日
3月20日 谷口雅春先生に、ガーナのブラクソン氏より書簡が届く。ブラクソン氏は、翌昭和50年4月に来日を果たす。 (昭和49年,御歳82歳)
2015/03/19
今日は何の日
3月19日 谷口雅春先生は、毎日の修養と題して次のようにお説きになる。「地上に悲惨があればこそ、われわれはいっそう地上を美しく飾らねばなりません。萎縮するものはついに国を滅ぼすのです。元気にその日その日を生き、元気に人生を讃えましょう。」(『生命の實相』頭注版第37巻幸福篇85頁) (昭和13年,御歳46歳)
2015/03/18
今日は何の日
3月18日 谷口雅春先生は、東京市丸の内署管内の警察署員一同に「詔を拝承して」と題して御講演される。 (昭和16年,御歳49歳)
2015/03/17
今日は何の日
3月17日 谷口雅春先生は、日刊「やまと新聞」に「占領憲法と学生運動および靖国神社の国家祭祀の問題」を御寄稿される。 (昭和44年,御歳77歳)
2015/03/16
今日は何の日
3月16日 谷口雅春先生に、「至上者の自覚の神示」天降る。『生長の家』誌昭和8年5月号に掲載される。(『到彼岸の神示』に神示講義収録) (昭和8年,御歳41歳)
2015/03/15
今日は何の日
3月15日 谷口雅春先生は、龍宮住吉本宮・鎮護国家出龍宮顕斎殿上棟式に臨まれ、斎主として祝詞を奏上される。 (昭和52年,御歳85歳)
2015/03/14
今日は何の日
3月14日 谷口雅春先生に、「いのちのゆにはの神示」天降る。『生長の家』誌昭和7年5月号に掲載される。(『到彼岸の神示』に神示講義収録) (昭和7年,御歳40歳)
2015/03/13
今日は何の日
3月13日 谷口雅春先生は、兵庫県加古川市の講習会の宿舎、加古川“みとろ苑”にて「生学連の歌」を作詞される。 (昭和41年,御歳74歳)
2015/03/12
今日は何の日
3月12日 谷口雅春先生は、ハワイで最初の講演に臨まれる。1550の椅子席が一杯。天皇陛下の御徳を話され、去る大戦の際、ハワイ・アメリカの二世兵士の忠勇がアメリカ政府を感動させ、それがもとになって、日本が戦後の困難な食糧事情から立ち上がるよう援助を与えて下さったとの趣旨の御講演をされ、壇上から合掌され、聴衆の大多数は感動して涙を流した。 (昭和38年,御歳71歳)
2015/03/11
今日は何の日
3月11日 谷口雅春先生は、京都市下総町紫明会館にて「宗教を生活に生きる生長の家」と題して御講演される。(新編『生命の實相』第9巻聖霊篇中101~161頁) (昭和9年,御歳42歳)
2015/03/10
今日は何の日
3月10日 谷口雅春先生、輝子先生御夫妻は「世界平和祈願世界御巡錫」にご出発される。これに先立つ英文『生長の家』誌昭和37年11月号に「私の人類光明化・世界一周講演旅行の目的」をお寄せになる。 (昭和38年,御歳71歳)
2015/03/09
今日は何の日
3月9日 谷口雅春先生は、九州別格本山の神性開発練成会で「神我一体の自覚による運命の改善」と題して御講演される。(『霊性の目覚め』に収録されるが、現在絶版) (昭和53年,御歳86歳)
2015/03/08
今日は何の日
3月8日 谷口雅春先生は、「本当の『価値』について」をテーマに生長の家本部大道場で開催された実相研鑽会を御指導される。 (昭和45年,御歳78歳)
2015/03/07
今日は何の日
3月7日 谷口輝子先生は、富山県高岡市片原横町10番地で御生誕される。父・江守又一様、母・江守志げ様の八女(十一人兄弟の十番目)。御両親の家系は勤皇の志士を輩出した家系で、尊皇の気風溢れるご家庭でご生育される。 (明治29年,尊師御歳4歳)
2015/03/06
今日は何の日
3月6日 谷口雅春先生の養母、谷口きぬ様がご逝去される。(享年満96歳)3月8日願成寺で葬儀。後に、百ヶ日法要追善供養のために献げられた「顕浄土成仏経」が、昭和47年に信徒のために頒布されることとなった。 (昭和36年,尊師御歳69歳)
2015/03/05
今日は何の日
3月5日 谷口雅春先生は、毎日の修養と題して次のようにお説きになる。「山山にあらず、世人これを山という。物質物質にあらず、世人これを物質という。肉体肉体にあらず、世人これを肉体という。『生命の實相』の中に「肉体は物質である」とも「肉体は無い」とも書いてあるのはこの理由である。」(『生命の實相』頭注版第37巻幸福篇80頁) (昭和13年,御歳46歳)
2015/03/04
今日は何の日
3月4日 谷口雅春先生は、飛田給道場で第二回幹部研修会を御指導される。『古事記』をテキストに日本国の実相を諄々と説かれ、この時の代表者会議で「我々の使命感と運動目標を日本の実相顕現に統一しよう」との決議がなされた。これを機に「日本の実相顕現運動」と呼ばれることになる。 (昭和32年,御歳65歳)
2015/03/03
今日は何の日
3月3日 『生命の實相』第31巻(頭注版)掲載の『耶蘇伝』が、日比谷公会堂で上演される。 (昭和12年,尊師御歳45歳)
2015/03/02
今日は何の日
3月2日 谷口雅春先生は、第1回全国信徒大会において1万2千名の参加者と共に、世界平和の祈りを実修される。(東京都体育館) (昭和34年,御歳67歳)
2015/03/01
今日は何の日
3月1日 谷口雅春先生は、生長の家本部会館落慶捧堂式に臨まれる。 (昭和29年,御歳62歳)
2015/02/28
今日は何の日
2月28日 谷口雅春先生は、立教25周年記念・本部会館竣工記念講習会にて、『甘露の法雨』を5日間連続して御講義される。 (昭和29年,御歳62歳)
2015/02/27
今日は何の日
2月27日 谷口雅春先生は、「毎日の修養」と題して次のようにお説きになる。「理責めのこの世界において、われわれの戦う人生の武器は「理論」であるのである。多少理論に飛躍はあっても、光明のみがこの世に存在すると理論体系「生命の実相」を自分の心のうちに蓄積する者は、病気を征服し、艱苦を征服し、ついに自己の人生を征服して光明の人生と化しうる」(『生命の實相』頭注版第38巻幸福篇68頁) (昭和13年,御歳46歳)
2015/02/26
今日は何の日
2月26日 谷口雅春先生は、2・26事件後、光明思念歌を神想観の終りに復唱することになる。 (昭和11年,御歳44歳)
2015/02/25
今日は何の日
2月25日 谷口雅春先生は、生長の家出版部にて座談に臨まれる。「家庭争議の解決を語る」として、『生命の實相』頭注版第15巻人生問答篇(23頁~)に収録される。 (昭和9年,御歳42歳)
2015/02/24
今日は何の日
2月24日 谷口雅春先生は、早稲田大学を中退される。その後摂津紡績に技術練習生として入社される。 (大正3年,御歳22歳)
2015/02/23
今日は何の日
2月23日 谷口雅春先生は、宝蔵神社大拝殿地鎮祭を御親祭される。 (昭和34年,御歳67歳)
2015/02/22
今日は何の日
2月22日 谷口雅春先生は、『女の浄土』はしがきを御執筆される。「仏典には『菩薩、心浄ければ仏土浄し』という語があります」とご紹介される。 (昭和46年,御歳79歳)
2015/02/21
今日は何の日
2月21日 倉石農相発言を機に各地で自主憲法制定請願デモをおこなう。 (昭和43年,尊師御歳76歳)
2015/02/20
今日は何の日
2月20日 谷口雅春先生は、『人間死んでも死なぬ』出版。「今この本(『心霊現象と宗教思想』)にさらに百数十ページを加えて『人間死んでも死なぬ』と題する本を出したのは、戦死した軍人の遺族への贈り物としてである」(『生命の實相』頭注版第37巻幸福篇58頁) (昭和13年,御歳46歳)
2015/02/19
今日は何の日
2月19日 谷口雅春先生は、八代から東京の輝子先生にお手紙を出される。中々思ふやうに書けないと。 (昭和27年,御歳60歳)
2015/02/18
今日は何の日
2月18日 谷口雅春先生は、『理想世界』誌掲載の法語をまとめた『聖なる理想・国家・国民』のはしがきを御執筆される。「若い人への信頼ができ国家の前途に私は希望をもつことが出来た」 (昭和53年,御歳86歳)
2015/02/17
今日は何の日
2月17日 谷口雅春先生、輝子先生御夫妻は、九州別格本山練成道場増築地鎮祭に臨まれ、引き続き檜と杉の植樹祭を挙行、御出席される。 (昭和50年,御歳83歳)
2015/02/16
今日は何の日
2月16日 谷口雅春先生は、団体参拝練成会にて御講話「九十一歳の感懐を語る」。学校の先生は正しい教育精神で学内暴力を根絶せよと説かれる。 (昭和59年,御歳92歳)
2015/02/15
今日は何の日
2月15日 谷口雅春先生は、日刊やまと新聞に「功利主義占領憲法下の道義頽廃」を御寄稿される。 (昭和46年,御歳79歳)
2015/02/14
今日は何の日
2月14日 谷口雅春先生は、「人類光明化運動指針-生長の家各員の運動心得13ヵ条」はしがきを御執筆される。 (昭和33年,御歳66歳)
2015/02/13
今日は何の日
2月13日 谷口雅春先生は、論文集『聖道へ』を東京・新光社より御出版される。 (大正12年,御歳31歳)
2015/02/12
今日は何の日
2月12日 谷口雅春先生は、「毎日の修養」と題して次のようにお説きになる。「わたしは御影町および住吉村に住んでいたとき、たびたび住吉神社に参拝して人類光明化のために祈願をつづけたものである」(『生命の實相』頭注版第38巻幸福篇50頁) (昭和13年,御歳46歳)
2015/02/11
今日は何の日
2月11日 谷口雅春先生は、第1回建国記念の日祝賀式にて「神武建国の系譜とその理念」と題して御講演される。 (昭和42年,御歳75歳)
2015/02/10
今日は何の日
2月10日 谷口雅春先生は、『我ら日本人として』を御出版される。「皇軍必勝・必勝生還」と短冊に書いて講習生に一枚ずつ差し上げられたこと。一回の講習毎に五百枚ずつ短冊に書かれたこと。戦敗の想念を打ち消すようにつとめたが、終戦迄にそれを五万枚までしか書けなかったことを記される。 (昭和33年,御歳66歳)
2015/02/09
今日は何の日
2月9日 谷口雅春先生に、「上求菩提・下化衆生の神示」天降る。『生長の家』誌昭和7年4月号目次の下に掲載される。 (昭和7年,御歳40歳)
イメージ画像
行事案内
行事報告等
youtubeアイコン
イメージ画像
本部支部勉強会一覧
【本部】
〒103-0004
東京都中央区
東日本橋2丁目27番9号
初音森ビル10F
TEL03-5829-6410
FAX03-5829-6411