今日は何の日
今月の祈りの言葉
今月のコラム
2015/01/28
今日は何の日
1月28日 谷口雅春先生は、福岡から東京の谷口輝子先生にお手紙を出される。「今私自身直に航空機製作の現場へ飛込ミタイ位です。 (昭和20年,御歳53歳)
2015/01/27
今日は何の日
1月27日 谷口雅春先生は、『光明道中記』において「久遠皇位を胆に銘ずる日」であると説かれる。 (昭和14年,御歳47歳)
2015/01/26
今日は何の日
1月26日 高知市で講習会。徳久克己氏、谷口雅春先生の随行員となる。(1月25日~26日) (昭和23年,尊師御歳56歳)
2015/01/25
今日は何の日
1月25日 谷口雅春先生に、「自然流通の神示」天降る。『生長の家』誌昭和8年3月号に掲載される。 (昭和8年,御歳41歳)
2015/01/24
今日は何の日
1月24日 実母谷口つま様が、享年55歳をもって、御逝去される。「感染(うつ)ったかて構わんよ。僕逢いたかった」 (大正13年,尊師御歳32歳)
2015/01/23
今日は何の日
1月23日 谷口雅春先生は、NHK第2放送で東工大教授宮城音弥氏と対談される。 (昭和30年,御歳63歳)
2015/01/22
今日は何の日
1月22日 谷口雅春先生は、拡大最高首脳者会で生政連賛歌「護国の神剣」を御発表される。(『生長の家五十年史』P.779)「釈尊出でてわが国に聖王うまれ天が下すべての民を救ふぞと弥勒下生の聖経に預言し給ひし時いまぞ(以下略)」(『日本の政治と宗教-護国の神剣-』12~15頁歌詞収録) (昭和48年,御歳81歳)
2015/01/21
今日は何の日
1月21日 谷口雅春先生は、最初の講演旅行(岩手県盛岡、東京、石川県七尾)を終え、住吉村に帰着される。(『生長の家五十年史』P.282) (昭和9年,御歳42歳)
2015/01/20
今日は何の日
1月20日 谷口雅春先生は、『我ら日本人として』はしがきを御執筆される。「私はこの戀人の熱情のように日本国を愛し、どんなにまだ現實が「まだ愛するに足りなく」とも、その熱情の焔をもって、現實の醜くさを焼きつくして、日本国を理想の美しさにまで變貌せんとするものである。私は日本を愛している間が幸福であり、魂が孤獨でないのである」 (昭和33年,御歳66歳)
2015/01/19
今日は何の日
1月19日 西田天香師は、『聖道へ』序文として「谷口さんのこと」を執筆される。「人に会うて、何となく襟を正うしたい気のすることがある。私が著者に会うたのは、まだ数回を出でぬが、いつの時も、私は己れの取り乱した心を、純一な氏の態度によつて、浄められるのであつた。」 (昭和12年,御歳45歳)
2015/01/18
今日は何の日
1月18日 谷口雅春先生は、「自然流通の神示について」をテーマに実相研鑽会を御指導される。その際の結語。「この生長の家の人類光明化運動は、住吉大神の運動であるけれども、この運動に参加しているところの無数の高級霊があるわけです。(中略)おのおのの役目を持って人類光明化運動に参加しているところの高級霊が、ときどきわれわれの常識を絶する奇蹟を現わして、われわれを正しい信仰に導こうとしているのである(後略)」(『生長の家』誌昭和45年4月号初出、『実相研鑽』第一集P.101~102) (昭和45年,御歳78歳)
2015/01/17
今日は何の日
1月17日 谷口雅春先生は、東山半之助氏逝去に際し、解脱名「実相光明宮慈雲東山妙光大師」を贈られる。享年81歳5ヵ月。(『信仰の幾山河』199頁、『光の泉』昭和50年2月号読者サロンにも関連内容) (昭和48年,御歳81歳)
2015/01/16
今日は何の日
1月16日 谷口雅春先生は、『神の真義とその理解』はしがきを御執筆される。「最近私は、日本の国情が混乱汚濁して、日本国本来の美しき荘厳なる秩序がなくなりつつあることを憂え、住吉大神を鎮護国家、龍宮無限の宝蔵を開顕したまう“場”であることを希いて、龍宮住吉本宮を、九州長崎県西彼杵郡西彼町の“大神平(おおかみだいら)”と称せられた土地を卜(ぼく)して、建立したのである」 (昭和54年,御歳87歳)
2015/01/15
今日は何の日
1月15日 谷口雅春先生に、「完成の燈台の神示」天降る。「完成(七つ)の燈臺」と表記して、『生長の家』誌昭和6年4月号に掲載。註として「七は完成の数。前号突然表紙の文字を『人生の燈臺』と変へたのは此の神示に基づきました。」(2月号までは「人生の研究」であった)(『神ひとに語り給ふ』に神示講義収録) (昭和6年,御歳39歳)
2015/01/14
今日は何の日
1月14日 谷口雅春先生は、東京で最初の富士小学校での講演会に臨まれる。名前を書きとどめた方で148名参集。(新編『生命の實相』第8巻P.131「聖火帝都を過ぐ」) (昭和9年,御歳42歳)
2015/01/13
今日は何の日
1月13日 谷口雅春先生、輝子先生御夫妻は、九州別格本山総裁公邸に御移転される。(写真掲載『生長の火をかざして 永遠の谷口雅春先生』P.68-69)(『理想世界』昭和50年4月号、谷口輝子先生「十三日の出発」参照) (昭和50年,御歳83歳)
2015/01/12
今日は何の日
1月12日 谷口雅春先生は、『佛教の把握』はしがきを御執筆される。「この表現がズッと容易(やさ)しくなり、大円覚を「人間神の子」と云い「肉体は表象也」を「肉体は心の影」と表現した時、明らかに哲学が、宗教が、倫理が、生活の中に飛込んで来て「人間」そのものが治ることになったのである」(『即身成佛の真理』はしがきに記載あり) (昭和12年,御歳45歳)
2015/01/11
今日は何の日
1月11日 谷口雅春先生に、「声字即実相の神示」天降る。『生長の家』誌昭和7年3月号に掲載される。(『到彼岸の神示』に神示講義収録) (昭和7年,御歳40歳)
2015/01/10
今日は何の日
1月10日 谷口雅春先生は、日本国民会議総会で「日本国憲法の背景となる哲学」と題して御講演される。(やまと(当時「帝都日々」)新聞)(『白鳩』誌昭和42年4月号、『愛国心と日本の憲法』、『私の日本憲法論』9頁~収録) (昭和42年,御歳75歳)
2015/01/09
今日は何の日
1月9日 谷口雅春先生は、朝日新聞主催書道講演会で「書道における抽象と造形」と題して御講演される。(『谷口雅春墨滴集』P.1-8) (昭和38年,御歳71歳)
2015/01/08
今日は何の日
1月8日 谷口雅春先生は、東京雑司ヶ谷「友の家会館」に於て「大生長の家論(だいたかあまはらろん)」と題して御講演される。後に『生長の家』誌に「中心(すめろぎ)に帰一する道」と題して御発表。(初版革表紙『久遠の實在』422-454頁収録) (昭和8年,御歳41歳)
2015/01/07
今日は何の日
1月7日 “神剣鍛造の儀”無事進み、この日龍宮住吉本宮の御神体となる「護国の神剣」が本部に奉納され、仮奉安される。(『生長の家五十年史』P.554) (昭和50年,尊師御歳83歳)
2015/01/06
今日は何の日
1月6日 谷口雅春先生に、「大和の国の神示」天降る。「一月六日朝の啓示による」と後記。占領軍の検閲により、長年日の目を見なかったもの。(『大和の国日本』29頁、『秘められたる神示』194頁) (昭和21年,御歳54歳)
2015/01/05
今日は何の日
1月5日 谷口雅春先生は、霊象を見られる。この霊象がもとで『生長の家』誌の表紙画が、創刊号以来の炬火を掲げる青年像から、左手に巻物を持ち、右手に灯を高々と掲げる白髪長髯の神像に変わる。昭和7年第3号から同8年第3号まで。(『生長の家五十年史』259-260頁) (昭和7年,御歳40歳)
2015/01/04
今日は何の日
1月4日 谷口雅春先生は、講習会で「再び『維摩経』を語る」と題して御講話をされる。(『真佛教の把握』105-177頁) (昭和45年,御歳78歳)
2015/01/03
今日は何の日
1月3日 谷口雅春先生は、九州別格本山で祈り合いの神想観を御指導される。「今日はね母さん、驚いたよ。『祈り合い』の時間に僕が祈りの言葉を唱えていたら、始めは啜泣をしていた人たちが、だんだん声が大きくなって来て、終いには号泣になってしまった。半数くらいの人が大声で泣き出したので、道場いっぱいの泣き声になった。多勢の人が救われたことと思う」(『師と仰ぎ夫と仰ぎて』P.194-200、初出『白鳩』誌昭和52年3月号) (昭和52年,御歳85歳)
2015/01/02
今日は何の日
1月2日 谷口輝子先生日記。「山口悌治、吉田国太郎氏ら来りて「皇軍必勝」の短冊に印を捺して下さる。(中略)墨六杯にて半折九十七枚書かれたり」(『師と仰ぎ夫と仰ぎて』P.99-100、初出『理想世界』昭和40年7月号) (昭和20年,尊師御歳53歳)
2015/01/01
今日は何の日
1月1日 谷口雅春先生は、年頭の言葉を綴られる。「日記をつけることは何でもなく捨てられる日常茶飯の些事の中から真珠の如き宝石を拾い上げる尊き仕事であります。文章に書き現わして見ることは漠然と心に握っているものをハッキリと心の手に取上げて丁寧に分類し、夾雑物と真理とを選り分ける貴い作業の一つです。思いもかけぬところにハッと気が付く真理があり、『此の位で好い』と有耶無耶に葬っていた事が、退引ならぬ重大事で、それに気付かして貰って難有いと覚えず合掌することもあります」(『明窓浄机発展篇』P.7) (昭和13年,御歳46歳)
2014/12/31
今日は何の日
12月31日 谷口雅春先生のもとに、『生長の家』誌創刊号1000部が納本される。(『生長の家五十年史』P.761) (昭和4年,御歳37歳)
2014/12/30
今日は何の日
12月30日 谷口雅春先生は、『光明道中記』において「讃える喜びの日」であると説かれる。「天国の喜びは、神を讃える喜びである。(中略)五つのパンを五千人に分っても尚籠に一杯のパンが余っているような、与えても与えても減らない喜びでなければならない」。(昭和14年初版、49年改訂『光明道中記』P.400) (昭和14年,御歳47歳)
2014/12/29
今日は何の日
12月29日 谷口雅春先生は、「光への道中記」12月29日の日記としてお歌を御掲載される。「觀終り東の空を見てありき燃ゆるが如く雲流れけり。太陽も大空も樹も雲も鳥もすべて生きてあり生かされてあり」(『生長の家』誌昭和13年12月号初出。『生命の實相』頭注版第38巻幸福篇195頁所収) (昭和13年,御歳46歳)
2014/12/28
今日は何の日
12月28日 谷口雅春先生に、「日本の実相顕現の神示」天降る。「十二月二十八日未明神示」と後記。『生長の家』誌昭和21年3月号表紙裏に掲載される。「日本全国民が悲愁と失望と落胆とに打ちひしがれてゐる最中の昭和二十年十二月二十八日の未明に私の霊感に“声”の象(カタチ)をもつて来た神示であり、(中略)占領軍が、その占領政策の遂行として日本の優秀性を説くものを全部検束して、日本弱体化の実を挙げようとしてゐた最中に紙上発表されたもので、「神州日本は不滅であり、永遠に滅びることはない」と堂々と屈することなく宣言してゐる(後略)」(『秘められたる神示』130頁) (昭和20年,御歳53歳)
2014/12/27
今日は何の日
12月27日 谷口雅春先生は、11月22日、初めての「生長の家」記念日のお祝いに対して、「謝辞」を御掲載になる。(『明窓浄机』草創篇P.146-147) (昭和10年,御歳43歳)
2014/12/26
今日は何の日
12月26日 谷口輝子先生日記「鉄道便で夢野へ塩鮭を送る。清都徳也たちの帰国船は今朝舞鶴へ着いた。雪降る中へ。」(『輝子先生を偲んで』P.151) (昭和31年,尊師御歳64歳)
2014/12/25
今日は何の日
12月25日 谷口雅春先生は、『国のいのち人のいのち』はしがきを御執筆される。「生長の家が愛国運動の中心として活躍していることは今や周知のことだが、(中略)そもそも生長の家の発祥が、兵庫県の住吉村八甲田に住んでいた私が、毎朝からだを禊してから近くの本住吉神社にお参りし、日本国の隆昌と皇室の弥栄のために祈っていたとき、霊感を頂いたところにあるのである。(中略)戦時中は「皇軍必勝・必勝生還」を宣揚し、戦後占領下も、自らは追放下にありながら、聖経『甘露の法雨』巻頭の神示に「皇恩に感謝せよ」の一句を堂々と唱導して来た」(はしがき4頁) (昭和51年,御歳84歳)
2014/12/24
今日は何の日
12月24日 谷口雅春先生は、「恋愛の理想と現実」を御執筆される。(『聖道へ』の論文) (大正11年,御歳30歳)
2014/12/23
今日は何の日
12月23日 谷口雅春先生は、「一大警告!!現状のままで継続するならば人類は絶滅する」(『大和の国日本』P.35~)について、「いま最も憂慮していることについて書いた」と。(同書P.5) (昭和57年,御歳90歳)
2014/12/22
今日は何の日
12月22日 谷口輝子先生日記「誌友会に道場に行き、午後、地下鉄にのつて親子三人三越へ行く。慰問袋四人の兵隊さんと重幸、嘉平さんたちと六個発送依頼す。…」(『輝子先生を偲んで』P.84) (昭和15年,尊師御歳48歳)
2014/12/21
今日は何の日
12月21日 谷口雅春先生は、自民党主催の日韓条約調印祝賀式で憲法復元、優生保護法改正を訴えられる。(『私の日本憲法論』541頁) (昭和40年,御歳73歳)
2014/12/20
今日は何の日
12月20日 谷口雅春先生は、「“人間の本質”を語る」をテーマに実相研鑽会を開催され、三島由紀夫氏の自決の真実をお説きになる。「非常に意志の強い人で理想に向って肉体を完全に否定して、そして理想と共に昇天したと、そういうような感じを受けるのであります。この三島氏の国家理想に殉じた行為を無駄に終らせたくないと思います」(『実相研鑽』第三集P.135) (昭和45年,御歳78歳)
2014/12/19
今日は何の日
12月19日 谷口雅春先生は、『光明法語道の巻』において「汝は何者であるか」を説かれる。「信とは人偏に言(ことば)であり、コトバは本質である。人間の本質に対する自覚が信である」(『光明法語道の巻』255~256頁) (昭和24年,御歳57歳)
2014/12/18
今日は何の日
12月18日 谷口雅春先生は、「動物食と殺生について」をテーマに実相研鑽会を開催され、御結語で次のようにお説きになる。「先方から感謝の心で出された場合は、形を見ずに内面を見て、その料理して下さった方の愛念をいただき、合掌して頂戴するがよろしい」(『実相研鑽』第二集P.81) (昭和35年,御歳68歳)
2014/12/17
今日は何の日
12月17日 谷口雅春先生は、「本当のお蔭は“魂の宝”を獲ることである」をテーマに実相研鑽会を開催。林利男氏の発表「信仰には“操と信念”がなくてはならぬ」を受けて、御結語で次のように説かれる。「師恩を忘れて叛逆して富を築いてお蔭だと思っているような気の毒な、現象だけ見ている人には見えない宝です。林さんの得られている宝は立派なダイヤモンドよりももっと透明な--もっと透明だから見えないけれども霊の方から見たら最も素晴しく輝いている宝をいただいておられる」(『実相研鑽』第三集P.76、78) (昭和36年,御歳69歳)
2014/12/16
今日は何の日
12月16日 谷口雅春先生は、住吉大神御顕斎後最初の実相研鑽会の御結語で、「皆さんが“住吉大神”である」とお説きになる。「皆さんの魂の中に住吉大神の全身が宿つてをられる。だから皆さんの口をついて出る言葉は、住吉大神の詔が自然に出て来る」。(『生長の家』誌昭和54年3月号P.48-49、『生長の家五十年史』P.561-567) (昭和53年,御歳86歳)
2014/12/15
今日は何の日
12月15日 谷口雅春先生は、『光明道中記』(初版)はしがきを御執筆される。「私は一年中「善き日」ばかりの列んでいる日暦を造りたい。そう云う意味に於て、毎日の日付の下に、各々異る「光明語」を書き録して三隣亡や仏滅に置き代えたのである」 (昭和14年,御歳47歳)
2014/12/14
今日は何の日
12月14日 谷口輝子先生日記「横浜講演会…横浜は大盛会にして壇上に百何十人も上りしと」(『輝子先生を偲んで』P.83) (昭和15年,尊師御歳48歳)
2014/12/13
今日は何の日
12月13日 谷口雅春先生に、神啓天降る。後に「明窓浄机」欄に次のように記された。「今起て!」の神啓を受け、『生長の家』誌の御執筆を開始される。「生長の家の発祥となる四つの神啓『物質は無い』『生命の実相を自覚せよ』『今を生きよ』『天地一切のものと和解せよ』が天降って来たのが昭和4年12月十三日である」(『明窓浄机戦後篇』245頁)
2014/12/12
今日は何の日
12月12日 谷口雅春先生は、宇治別格本山第100回記念特別練成会を御指導される。(11日~)(『聖霊天降る宇治-魂のふるさと』233頁) (昭和37年,御歳70歳)
2014/12/11
今日は何の日
12月11日 谷口雅春先生は、石垣島川平(かびら)公園(底地ビーチのすぐ横)にて、ガジュマルの木を、谷口輝子先生はディゴの木をお手植えされる。(谷口輝子先生『こころの安らぎ』101-110頁、日付は「おきなわ愛の光」平成14年6月1日号による) (昭和47年,御歳80歳)
2014/12/10
今日は何の日
12月10日 谷口雅春先生は、8日浄心行、9日祈り合いの神想観を練成会受講者とご一緒に受けられ、反省会で実修方法についてご指導される。その内容が後に『新編聖光録』に掲載される。(「練成会情報」№34) (昭和50年,御歳83歳)
谷口雅春先生を学ぶ会とは?
尊師谷口雅春先生の御教えを忠実に学び継承し、広く普及伝達します。
立教の原点に立って光明化運動を推進展開し、
「本流の復活・天皇国日本の実相顕現」を目指します。
  谷口雅春先生
聖使命菩薩会
神癒祝福祈願
先祖供養
個人指導
谷口雅春先生の 教え
谷口雅春先生の 足跡
イメージ画像
行事案内
行事報告等
youtubeアイコン
イメージ画像
本部支部勉強会一覧
【本部】
〒103-0004
東京都中央区
東日本橋2丁目27番9号
初音森ビル10F
TEL03-5829-6410
FAX03-5829-6411