〒103-0004東京都中央区東日本橋2丁目27番9号初音森ビル10階

>サイトマップ

03-5829-6410

TOP > コラム > 笑え!笑え!大いに笑え!幸せを呼ぶ一日一笑

コラム

笑え!笑え!大いに笑え!幸せを呼ぶ一日一笑

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨 くすり・きくぞう
絵 かわい・えがお

ある日の夫婦の会話

夫「お前はいっつも、私がこうなったのは〝夫のせい〟とボヤくが、そんなことを言うのは〝オットセイ〟だ。この世で一番大きいと書いて〝天〟。その天をも突き抜けているのが〝夫〟。〝良い人〟に決まっているから〝良人〟とも書くんだ」

妻「オットー、そうきましたか」

夫「茶化すな。で、その夫を下からヨイショするのが〝夫人〟だ。ヨイショは〝良(よ)い所(しょ)〟。良い所を見つけるのが本当のヨイショだ。夫なんか駄目と尻に敷いて上に立ったら、もはや夫人ではない、単なる〝人夫〟だ。分かったか!」

妻「ハイ、あなたの仰るとおり、確かに私は〝妊婦〟でございます」

夫「えっ?! お前、赤ちゃんを授かったのか? 何で早く言わないんだ」

妻「言おうとしたら、あなたが色々言うから……。とにかく、お腹の赤ちゃんのためにもいい夫婦になりましょう。で、私からも一言言わせて。妻には、いいものが沢山〝ツマ〟っているから妻なの。でも、あなたの口癖は『お前はツマらん』でしょ。〝ツマらん〟は詰められない、ツマり、それだけ自分の器が小さいと言ってるのと同じよ。だから、あなたも全てを受け容れる大きな器になってね」
夫「うん、分かった。『生命の實相』に、夫も昔はツマと言い、その意味は『連なって全(まった)くなること』と書いてあった。生まれてくる赤ちゃんのためにも、お互い、いいツマにならないとな」
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

谷口雅春先生を学ぶ会

〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目
27番9号 初音森ビル10階

03-5829-6410

FAX 03-5829-6411

谷口雅春先生の真理の言葉

光明思想社